2016.08.17 Wednesday

会社にお金を残すには? 〜その3〜

 

減価償却計上による赤字は?

 

赤字は、赤字の分だけ確実に会社から資金が流出します。

赤字経営が続くと、やがて資金不足に陥り企業の存続が危ぶまれます。

赤字経営のうちは、資金繰りは改善されません。

 

費用の中には資金が流出しないものがある

代表的なものが、減価償却費です。

減価償却費は、資金の流出を伴わないため減価償却費相当分を会社に留めることができる効果があります(ただし、資産の購入時に多額の資金が流出しています)。

では、減価償却費を計上したことで赤字になったら資金は減っていないのでしょうか?

 

資産を自己資金で購入していた場合

資金は減りません。

しかし、増えもしないのでその固定資産を買い換える資金が溜まらず、いずれ、資産の新陳代謝が図れない老化現象がやってきます。

 

資産を借入金で購入していた場合

借入金返済元本部分の資金が流出します。

 

赤字黒字